ゴールはどこか。

手術を決める前、先生はまず「ゴールをどこに決めるかやな」と言ってた。
ゴールは人それぞれ違うから。

私のゴールは「登山が出来るように」


膝の内側が傷む人の足はO脚が多いみたい。
でも、私の足はまっすぐでどちらかというとX脚。
X脚の場合は外側が傷むそう。

なのに、私の膝は内側軟骨がはがれている。
ややこしい。

先生は「なんでそうなるのか?原因を突き止めないと、いま痛い所だけを治してもまた繰り返す。原因が必ずある」


体重をかけた時の膝の状態を見るために、動画のレントゲンを撮った。

動画のレントゲンなんてあるんやね。

動きながら足がスケスケ!骨が丸見え!

ひゃー驚きと感動(@_@)


動画を見た先生は納得。

「変わった動きしとるわ~」

普通は重心は真ん中で上下に動く膝が、私は左右に動いてる。
そして、着地の最後の重心が内側になる。
これは生まれつきの骨格と言われた。

おとんが「だからなんか変な歩き方してるんやな」


今までこの重い体を全部内側軟骨が支えてくれてたんやね。体重コントロールもせず可哀想なことをしたな。


それで今回、骨を矯正して重心を変えてみることになった。

「症例が少なく他のドクターのコンセンサスが得られてない」

コンセンサスって何?と思ったけど、おとんを見たら頷いていたので意味分かってるんだなと思ってすぐ確認しなかった。
治療方法が確立されていないとかそんな感じかなと思ってた。

同意とか賛同とかそんな意味らしい。


ゴールテープを切って、いい結果を残したい。






この記事へのコメント