入院3日目 手術後

結局、手術は13時の予定が14時半になった。

実家の母も来てくれて、おとんと次男坊の三人に見送ってもらった

病室に戻って来たのは19時頃。
震えが止まらず電気毛布をかけてくれた。
面会時間が20時までだから、一番痛くて辛い時間には居てもらえなかったし、やっぱり手術は朝一の方がいいわ。


震えが止まると、今度は電気毛布がめちゃ暑い。
すぐ取ってもらった。

あとはただただ痛いみとの戦い
痛み止めは10が8になる程度で痛いのは痛い。
それから暑い!腰が痛い!でも動けない。
これは前回の時で経験したので、じわじわ
体勢を変えながら耐えた。

でもそのせいで、酸素マスクのチューブは外れるし、点滴のチューブも絡まるし、夜中に何度も看護士さんを呼ぶことに。

見かねた看護士さんがマスクとモニターを外してくれました。
あースッキリ!

起き上がれるようになってからは、ベッドを起こしたりしながらどうにか朝が来た。

暑すぎて途中でアイスノンをリクエスト。
首や太ももを冷やすと効果テキメン!
汗ばんでいた体がすーっと楽になった。


家族が先生から聞いた話では、
「100%とは言えないけど、自分が思っていた通りに出来ました。剥がれていた軟骨はアイロンをかけるように綺麗に伸ばしたからこれで痛みは取れると思います。
骨は8ミリ削る予定を10ミリにしました。
あれだけ軟骨や半月板が傷んでたのにお皿は綺麗だったのが不思議。普通はお皿も傷んでることが多い」とのこと。

画像



先生、ありがとうございました!!!

この記事へのコメント

stella
2019年06月20日 13:17
おつかれさまでした

まだまだ痛みとの戦いで時間の流れがゆっくりに感じるかもですね、、、

昔の整形外科と違って、今は早い時期から起き上がる練習・リハビリが始まるので
ホントに大変だと思います

長い山道も一歩ずつゴールに向かって進むのと同じように

確実にゴールに向かってますので
頑張りすぎないように、、、ね

なんの励みにもなりませんが
失礼しました